花ノ木井堰

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   福岡県直方市 植木、新入地区  宮若市 竜徳地区

 ■釣場概要
   遠賀川の支流犬鳴川にある井堰。釣場としては上流の竜徳地区粥田橋から植木地区にある井堰まで約6q。川幅は約15〜40b、深さは最深部約2.5bである。水位の上下はあるが水門は開けられることがないので、流れはほとんどない。川岸はほとんどコンクリートブロックにより護岸されている。 平成21年から27年にかけて3回、合計約1,000s(35〜45aの大型主体)のヘラを放流し、魚は多くなってきている。                                                                  

                                                                                     下流堰堤の遠望
                                                                                               

                                                

 ポイント
   下流 井堰部   竿12〜18尺、タチは満水で2本〜3本。左岸(西側・県道側)が竿を出しやすい。井堰より上流約500bからJR筑豊本線の鉄橋付近までは両岸ともテトラが入っており、変化に富んだ釣りが楽しめる。
   中流 新入大橋〜広甲橋   竿12尺〜15尺、タチ2本。左岸が入りやすい。
   中流 広甲橋〜下口橋     竿12尺〜15尺、タチ2本。左岸、右岸とも好ポイント。 
  上流 糸田橋〜粥田橋     減水時は浅いが満水時はのっこみポイント。竿8〜13尺、タチ1本〜2本。
             

      上流右岸から粥田橋を望む

 放流
  

平成24年2月15日、300sのへらぶな(約1,000枚)を放流した。放流地点は中流の新入大橋上手左岸。写真はすべて放流時のもの。さらに平成27年1月29日、大型(40〜45a)を主に300sを放流した。