本城霊園の池

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   北九州市八幡西区 本城

 ■釣場概要
   寺ヶ裏池 が本来の名称(地図上の名称)だが、釣り人の間では「本城霊園の池」でなじまれている。名前の通り、市営本城霊園の中にあり、長さが約400b、幅が約50bのワンドの多い複雑な形をしている。
  ヘラブナは自主放流されたもので、25〜38a級が釣れる。竿は12〜15尺、タチは2本〜3本。堰堤と西側(霊園側)から竿を出せる。
  釣りは一年中可能だが、冬は底釣り、夏は浅ダナが一般的。                                            本城霊園の池(堰堤)
  近くに鵜巣池、中谷池などこの池と同じような釣場がある。