今 川

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 
 所在地
   福岡県行橋市、みやこ町(旧豊津町、犀川町)

 ■釣場概要
 この川は添田町の英彦山に源流を発し、赤村、みやこ町、行橋市を経由して周防灘に注いでいる。釣場としては豊津町の高崎橋から下流の今川ダムまでの約7qが主体である。この間多数の堰があり、すべてにヘラブナが生息している。川岸には葦が生えており、夏は水藻に覆われるところが多く、ヘラブナの生息には好条件の環境である。釣時期は秋から春、特に11月〜12月が最盛期。のっこみも早く、2月には抱卵魚がみられる。夏場はジャミが多い。(M)
                                                                                           下流左岸 (国道10号線バイパス上手

 ■ ポイント

   下流 今川ダム  国道10号線バイパスの上手一帯とダム水門そば、そして市役所前の今井渡橋付近が釣場となる。竿は8尺〜16尺、タチ1本〜2本。釣場が広いので、回遊してきた魚を狙う釣り方となる。25〜34a級が出る。水門ゲートの開閉で水位の上下があるが、流れが少しつく程度。
   下流 文久井堰   豊国橋と今川橋一帯。竿8尺〜13尺、タチ1本〜1本半。左岸(北側)が主だが、型がやや小さい。 
   中流 内新地井堰  You-meタウン前、左岸(北側)。 石積みの先を11尺〜13尺で狙う。タチ1本ちょっと。やや流れがある。大型は出ないが数釣りが楽しめる。石積みの上に釣り台(ウマ)を置くと短竿でも良い。
   中流 寺畔橋〜天生田橋  竿8尺〜12尺、タチ1本ちょっと。
   上流 大野井堰  左岸(西側)、流れ込みのある所。竿10尺〜13尺、タチ1本〜1本半。
   上流 宝山井堰  左岸(西側)県道34号線の下、桜並木のある所。竿10尺〜13尺、タチ2本。右岸(東側)一軒家前から高崎橋の間。竿11尺〜15尺、タチ1本半〜2本。ムラがあるが、両岸とも30〜34aの良型が出る。
   

 中流 内新地井堰(ゆめタウン前)      上流 宝山井堰(桜並木の遠望)       上流 宝山井堰(一軒家前から高崎橋を望む)