長峡川

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 
 所在地
    福岡県行橋市上津熊、中津熊、下津熊

 ■釣場概要
 この川は隣接するみやこ町の竜ヶ鼻に源流を発し、行橋市を経由して周防灘に注いでいる。釣場としては国道201号線の亀川橋(東九州自動車道行橋ICそば)から下流の津ノ熊橋までの間約1.5qが主である。川岸はすべてコンクリートブロックで護岸されており、右岸(南側)には遊歩道がある。春から秋は堰を止めるので満水となるが、秋から冬は堰を開けるので水位が下がり、上流部(亀川橋から上)は釣りができない。全体的にマブナが多いが、浅いタナで30枚を超える実績があり、40センチを超える型物が期待できる。釣時期は1年中可能で、特に秋から冬は水位は下がるが落ち着いた釣りが楽しめる。
                                                                                           中流右岸遊歩道からの釣り(現在は遊歩道に手すりが設置してある)

 ■ ポイント(水位は満水時)

   下流 津ノ熊橋周辺  タチ1本半〜2本 竿10〜13尺 右岸(南側)が主な釣場だが、左岸は橋際からと、やや上流の給食センター前の階段から竿が出せる。   
   中流  長音寺橋、延永公民館付近タチ1本〜1本半 竿9〜12尺 ここも右岸が主な釣場となる。
   上流 延永小学校裏及び亀川橋際  右岸、流れ込みのある所。竿10尺〜13尺、タチ1本〜1本半。