下関市
永田郷の池

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   山口県下関市永田郷 
 釣場概要
 一辺が約100bの正方形、面積が1ヘクタールの小型の農業用溜池。水深は約1.7メートルと浅い。ヘラブナの型は平均24a、数年前に池を干したあと、小型化してしまったが、最近は型が良くなり、尺上が混じるようになった。数釣りが楽しめる池で、真冬に50枚を超す実績がある。夏は水藻が生い茂り、藻かきをしないと竿を出せない。釣り時期は秋から初夏まで。                                               オーバーフローから西側堰堤を望む
 ポイント
   南側(オーバーフロー側)  竿8〜12尺、タチは2〜1本半。どこでも竿を出せるが、南東角のオーバーフローと階段のあるところが竿を出しやすい。
   西側(堰堤部)   竿8尺〜13尺、タチは2本近い。すべて堰堤からの釣りとなる。減水時は堰堤下部から竿を出せるが、満水時はやや釣りづらい。
   北側  コンクリート板で護岸されてあり、その下に降りて竿を出す釣り方となるが、草と立木のため、部分的に竿出しが可能。竿8尺〜11尺、タチ1本半。冬は北西の風を背に受けるので釣りやすい。
  東側 立木があり、入れない。
              

      オーバーフローより北側を望む                北側より南側オーバーフローと堰堤を望む