南良津陥落池

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   福岡県小竹町 南良津地区

 ■釣場概要
   炭鉱の陥落で出来た池だが、埋め立て、公園化されて全体に浅い。遊歩道で南池と北池に分けられ、中央部の太鼓橋で南北の池がつながっている。大きさは全体で約9f、水深は1.2b。
  ポイントは中央部遊歩道の両側、南池の南側に限られる。20〜25aが主体だが、40aを超える大物が出ることもある。釣り時期は秋から春先。(N)       南池(東側からの全景)



ポイント
 中央部遊歩道 南、北池(両側)  竿7〜12尺、タチは0.5〜1本。特に太鼓橋の両側がやや深くなっており、釣りやすい。
  南池 南側 竿7尺〜11尺、タチ0.5〜1本。
              


            北池(太鼓橋そば)