白岩池

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   北九州市八幡西区 白岩町

釣場概要
 古くは農業用の溜池だったが現在は公園化され、北九州市の建設局が管理していて、へらぶな釣場として開放されている。駐車場やトイレもあり、地元の釣り人の奉仕で常に清掃、整備されている。数回の放流の結果、魚影は非常に濃い。池の面積は約2.0f、周囲は約750b。釣り方はすべて底釣りとなっている。                    


                                                                          南側から西側を望む
                                                                                    

            西側堰堤部                       堰堤の上にある案内看板

 ポイント
   西側堰堤部  竿8〜11尺、タチは2本弱。ほとんどの釣り人がここに入っている。
   北西側     西側堰堤部と同じだが、奥のほうは葦が茂っていて入れない。
   南側       立木があり入れない。
  北側       山側になっており、やや浅い。駐車場から遠くなるが、のっこみ時の好ポイント。

 その他
   放流は1980年、1998年 2001年その他数回にわたって行われた。