連合会の紹介

  九州ヘラブナ釣連合会の 自己紹介 のページです。

  



 設立と沿革

 九州ヘラブナ釣連合会は1972年(昭和47年)、北部九州地区のヘラブナ釣クラブや同好会が集まって結成されました。創立以来40年を超える期間、「自然を大切に、釣場をきれいに」をスローガンに、ヘラブナ釣りとのいろいろなかかわりを持ってきました。

 活動と事業

設立以来、九州ヘラブナ釣連合会は次のような活動と事業をおこなっています。
  釣場育成のためのヘラブナの放流 
  釣場の清掃と整備
  釣場情報(案内地図、ポイント図)の作成と広報
  ヘラブナ釣記事の執筆(朝日新聞、日刊スポーツなど)
  福岡県釣団体協議会への加入
  九州ヘラブナ釣選手権大会の開催(毎年のゴールデンウイーク期間中に開催)
  他の釣団体との交流
  合同釣り大会(1月、3月、4月、7月、9月、11月の年6回)の開催

  組織

    九州ヘラブナ釣連合会は団体会員と個人会員で構成しています。

        団体会員  釣クラブ単位で加入する会員
        個人会員  個人で加入する会員

      組織と役員名

名誉会長 菅原 一泰   
会 長 山口  修   
副会長 三島 圭吾
幹事長 土谷 義丸
経理部長 山口 修
事業部長 緒方 雅之
審査部長 小崎 忠啓
指導部長 山田 正秀
渉外部長 小崎 政志
事務局長 山本 誠

(お問い合わせ)
    九州ヘラブナ釣連合会についてのお問い合わせは下記までお願いします。
           九州ヘラブナ釣連合会 事務局
    電話やフアクスによるお問い合わせは申し訳ありませんが受付ておりません。入会のお申し込みはこちらまでお願いします。