竹馬川

  九州ヘラブナ釣連合会 釣場案内のページです。

  



 所在地
   北九州市小倉南区長野、上葛原 (下流の小倉北区沼南町周辺の釣り場については、別ページで紹介します。 <準備中> )

 ■釣場概要
 この川の源流は小倉南区の長野岳と足立山で、周防灘に注ぐ全長6.3kmの河川。釣り場としては中流の竹馬橋から新上葛原橋までの間、約300mである。深さは2.0から1.0m、上葛原橋の下流に堰があるので流れはほとんどない。釣り人が自主放流したものが地べラ化し、それに平成25年春の放流(約300kg、40pを超える大型が半数以上)と重なって、魚はかなり濃ゆい。                       

        右岸(サンリブ対岸)から上流竹馬橋を望む             左岸(サンリブ側)より対岸をのぞむ

 釣り方
   竿7〜11尺、タチは2〜1本。マブとハヤが多いので、浅ダナの宙釣りとなる。冬でも宙釣りの方がヘラが多くなる。
 放流
   平成25年3月、及び平成26年2月、ヘラの成魚約300Kgを福岡県釣り団体協議会が放流した。
        写真は放流時のもの(平成25年3月)  
(九州ヘラブナ釣連合会事務局撮影