へらぶなエッセイ

  九州ヘラブナ釣連合会のホームページ、釣り人の気ままな随筆です。

  



 ポイントについて

  「ポイント」は釣り人なら誰でも知っている釣り用語である。語源はもちろん英語の Point  から来ている。ちなみに英和辞典でこれを引くと、「位置を示す言葉の一つ」とある。われわれが使っているのと同じ意味で、アメリカやイギリスの釣り人もこの言葉を使っていると思うが、一度確かめてみたいものである。
 言葉の由来はさておき、この「ポイント」に替わる言葉がないか考えてみた。それが見当たらないのである。「場所」では大雑把過ぎるし、「地点」ではちょっと堅苦しくしくなってしまう。いろいろ考えていくと、「ポイント」には単なる地点だけでなく、よく釣れる所、地点を示す意味がこめられている。再度、英和辞典を確かめると、要点、急所、核心など、空間的なものだけでなく、抽象的な物事の状態を示す とある。、確かに釣りだけでなく、日常このような意味をこめて使っていることが多い。「その事件のポイントは何だ」、「この文章のポイントはこの一言に尽きる」など。このように考えると、われわれ釣り人の先達は本当にぴったりの言葉を選んでくれたものだ。
 ヘラブナ釣りでポイントはどこかを考えてみる。もちろんこの場合の「ポイント」は良く釣れる場所のことである。釣場によってポイントはさまざまだが、共通しているのは地上に何かの目印があることだ。電線の下、橋の下、ゴミ箱前などである。横利根川の「ゴミ箱前」は昔から有名で、関東で釣っていたころは良くこのポイントに舟をつけることを競ったものである。関東の釣りから離れてもう30年近くなるので、今はどうなっているのか判らないが。「電線の下」は不思議に良く釣れる。まさかヘラブナが高圧電流から出る電磁波を感じて集まっているとは思われない。「橋の下」も同じで、鳩が橋げたに集まり、その糞にヘラが集まって居ついているのかもしれないと考えたが、よく判らない。考えられることは、何かの理由で、たとえば隠れオダがあるとか、そこだけ深くなっているとかの理由でよく釣れ、たまたまそこにあった地上の固定された建造物などを釣り人が目印にし、次の釣り人がそれを頼りに竿を出す。そしてまた次が同じことを繰り返す。この連続で餌がたくさん打たれればヘラも集まってくる、と考えるのが素直かもしれない。
 ヘラブナ釣りの場合、釣場でポイントを決める最良の方法はやはりモジリだろう。モジリが多ければ安心して、迷うことなく竿が出せる。しかしダム湖などではこのモジリがまったく当てにならないことがある。山口県の小野湖、佐賀県の北山湖で何度か苦い経験をしたことがある。 浮子の近くでモジリがあるのだがまったく当たらないのである。タナを変えてもだめ、餌を変えてもだめ、精根尽き果てて上がってみると、まったくモジリのない平場で竿を出した人がたくさん釣って来ている。「○○湖の空モジリ」 という言葉は聞いてみるとどこの釣場でも言われているようだ。それだけヘラブナ釣りでのポイント選びは難しい、難しいだけに奥が深いということになるのだろう。
                                    (2008年2月 K.M)

  ヘラブナ釣りと地図

 地図を見るのが好きで手放せない。机の上、車の中はもちろんだが、トイレの中まで持ち込んで眺めている。地図の魅力はなんだろうか。そのひとつは「瞬間移動」にあると思う。地図の上では、飛行機も車も船も使わずに瞬時で自分の好きなところに移動できるのである。福岡から東京へ移動することを考えてみよう。新幹線で博多−東京間が5時間ちょっと、飛行機でも約1時間かかる。これに乗り降りや目的地の建物にたどり着くのにさらに多くの時間をかけなければならない。地図ではこれが瞬時に出来る。ページをめくる時間を入れても僅かである。東京が札幌あるいはニューヨークになってもその速さは変わらない。地図の上では、誰でも自分専用の乗り物で、地球上を移動できるのである。
 地図の魅力のもうひとつは「想像する楽しさ」にある。移動できてもそれは単に紙の上だけではないか、現実の風景を見るわけでなく、また人に会えないではないかと言われよう。しかし、現実を見ないだけ想像の範囲は広がってくる。特に今まで行ったことのない土地について、ここの町並みはこのようになっている、この川の流れはこのくらいだ、などと想像することがかえって現地を見るより楽しいのである。実際に現地に行ってみて、自分の想像がぴったり合っていると、その楽しみは嬉しさに変わってくる。想像と現地が極端に違っていても、それはそれなりにそのギャップとなった原因などを考えることも面白い。地図の上ではこのように想像力を働かせた「遊び」が出来るのである。
 IT技術の発達で、昔は紙の地図だったのがこのごろはパソコンの画面で見られる。都心部などは建物を含め、かなりのものが立体的に表示されもする。また、カーナビゲーションで、目的地までの検索などが非常に楽になった。電話番号で地点が表示されるなど至れり尽くせりの感がある。しかし、反面、今まで楽しんできた地図の上での遊びがなくなったのが寂しい。それ故、車にはカーナビは付けていない。(カーナビのメーカーや販売店には悪いが)出かける前に地図を見て、目的地までの道順を考え、時間を計算し、途中の風景を想像する。帰ってきたら、道順、風景などを地図を見ながら確認する。最短のコースはなかったのか、何故、あそこで道を間違えたのかなどを検討するのも楽しいものである。
 ヘラブナ釣に行くときも、地図の上で楽しんでいる。ダムが出来る前の地形図を引っ張り出してきて、ポイントの状況を想定したり、流れの澪筋を考えたりする。これらには1/25,000の国土地理院の地図が特に役に立つ。数年前、佐賀県の北山ダムで例会をしたときのことである。8月の夏場で、北山ダムは不調だとのことだった。例会日前に地図を出して調べる。雨が少なく、魚の活性が低いための不調だろう。であれば旧河川の澪筋を狙えばもしかするとと考え、落合ワンドの神島奥が旧初瀬川の澪筋になるのでそこで竿を出した。モジリが時々あり期待を持たせる。約2時間の餌のカラ打ちのあと、32aがきた。納竿までに6枚を釣上げたが、この日は予想通りの不調で、この6枚で優勝出来たのだが、この地図上の作戦が良かったのかなと自画自賛をしている。
 福岡県行橋市を流れる今川。もう10年以上前のことだが、仕事でこの川の近くを通りかかったことがあった。川や池の水を見ればすぐ竿を出したくなる性格で、このときはあいにく釣道具を車に積んでおらず、残念な思いをした。家に帰ってさっそく詳しい地図を広げ、今川を調べた。すると周防灘に注ぐ河口の近くから上流の犀川町まで、多数の井堰があり、さらに上流には本庄池がある。そして源流近くには油木ダムがあるではないか。このときまで油木ダムや本庄池に釣行することはあっても、下流の今川に関連付けたことはなかった。上流から卵や稚魚が下流に流れて、そこで育っているに違いない。そう自分なりに推理して休日を待ちかね、今川中流の天生田橋の上手の堰で竿を出した。ヘラが釣れそうな雰囲気だが、モジリが全然ない。そしてちょうど2月の始めでどんよりとした肌寒い天気だ。半信半疑で餌を打つこと約1時間、ウキが動いた。合わせると15aぐらいの魚が食っている。手元でよく見ると型は小さいが体高のあるきれいなヘラではないか。このときは5枚程度であまり釣れなかったが、初めての場所でのヘラ、そして自分考えがそれなりに的中したことで、寒い一日だったが、満足の一日だった。実際は上流から流れてきたのではなく、自然発生で今川に生息しているのかもしれないが。ここのヘラは現在はでは平均25〜32aに成長している。
 ヘラブナ釣を始めて40年、地図を見ることは子供のころから好きだったが、ヘラを始めてますます地図が手放せなくなっている。これからもお世話になるに違いない。
                              (2008年2月  K.M)

   思い出の釣り場パート1 (前編)

 真っ暗な車内で時間を確認する一番手っ取り早い方法は携帯電話を開いて見ること。4月29日午前4時。 アンテナの代わりに「圏外」と出ている。 ちょっと早いが、もう一眠りという心境ではない。
 寝袋を片付け、車外に出ると朝の冷え込みが更に気持ちを振るい立たせる。通いなれたダムであれば、コーヒーを沸かし持参したパンでゆっくりと朝食を準備するところだが、今回は違う。初めてのダムでポイントも分からない。ただ、上流部という情報だけだ。
 魚を驚かせたくないので懐中電気で照らしまわるのは避けたいと思っていたが、満天の星明かりで地形も十分認識できた。 さっそく、朝食のパンだけを持って探索を開始する。水辺に近いところは足音にも注意を払い、目と耳を凝らしもじりやハタキの音を探す。
 この時期の上流部なのに何の反応もない。ゆっくり食べていた二つ目のパンを食べ終わり、上流の橋を渡って対岸に付いた道をダムサイトの方へテクテク歩く。目と耳は最高レベルのスキャンを続けたままだ。20分も歩いただろうか。大きくないダムなので中流域までスキャン出来たが無反応。 歩いている道はどうやら車でも通れそうと分かったので、車に戻る事にした。 帰り道でも何の反応も現れなかった。「ぜんぜんモジらんし、やけに静かやん、どーなっとん、」と思わず愚痴がでた。
 車で同じ対岸の道を徐行しながら堰堤の見える所まできたが、そのまま車で通り抜け出きないようになっていたのでUターンして戻った。ダムはまったく静まり返って何の反応もない。 明るくなったが人もいない。 ワクワクしたのはこのダムを思い立ってから今日の夜明けまでだった。 戻りながら北九州から2時間半かけて来たのにガッカリした、こんな事なら別のあのダムの方がよかった、今から走ってもとっくに夜は明けてしまってるし、などと自分自身に腹を立てていた。失敗したと思った。 ダムにさよならしようとして、ふと写真だけでも撮っておこうという気になり、堰堤に入って行く道にハンドルを切った。 「並石ダム」の看板と青少年の研修施設があり、先の方にはロックフィル式の堰堤がなだらかなスロープで湖水の中に吸い込まれていた。ダムの全景や岬の形。木々の形や山の形。絵になりそうなアングルを探しては早朝の静かなダムにシャッターを切っていた。 堰堤の中央付近まで歩いて行った時、初めてバシャとモジった音が耳に入った。えっ、どこ、見渡すとロックフィルの石垣に生えた草が、水辺から5mくらい先まで伸びて浮いている、そのまた5m先くらいのところで波紋が立っていた。
 その波紋が消えてしまう前にまた近くでモジった。はっきり見えた。紛れもないヘラだった。それも巨ベラと見えた。モジリは見る見る頻繁になり、草の方へ寄って来る。群れがいるのだ。 あア、神様ありがとう、見放していらしゃらなかったんですね。 感謝します。 気づかずに帰ってしまうところでした。 
 車までの100m以上をダッシュで戻る。といってもおっさんだから誰かが見ていればスローモーションのジョキングにしか見えないだろうが気持ちはダッシュ。堰堤まで車で来て、車のトランクから釣り台、竿ケース、バッグ、フラシケースを取り出す。食料や飲物は何枚か釣った後で取りに戻ればいい。 
 普段なら2回に分けて運ぶくせに1度で全部を運ぼうという魂胆だ。気もあせる。用意をしながらもモジリの確認はする。まだ草の先にいるようだ。ガードレールを股ごして水辺に降りて行こうとして一瞬立ち止まり、冷静に状況を分析する。
 ヘラの群れはゆっくりと左の方へ移動していると言うことは、釣り台をセットし、餌を作り、仕掛けをセットし、打ち込み開始するのは早くても15分後。という事はあの辺に釣り座を構えなければならない、と言う事でぐずぐずしている暇はない。もう少し先のほうから降りて行かねば。
 両手に道具を持ち降りる途中、つる性植物の名前も知らない草が足に絡みついて危うく顔面から着地しそうになったり、釣り台に引っかかったりしたが力づくで振り払い、水辺まで降りてきた。 汗だくで、竿ケースはいつの間にか首に掛かっただけとなっていて、帽子もずれて前が見えない。息が上がっている。3回深呼吸をしたら、また汗が噴出した。 何が冷静だ。と言われてもしかたがないくらい焦っていた。
 防寒ジャンバーを脱ぎ、大急ぎで準備を始める。時々振り向いて背伸びしてモジリの位置を確認する。 釣り台をセットし、餌を用意する。最後に硬調の15尺と仕掛けを出してセット完了と思いきや、仕掛けを解けば13尺用のヤツで寸足らずではないか。「バカッ、もう群れはそこまで来ているんだぞ」と自分をののしる。 あわてて取り替えてセット完了。間に合いそうだ。 最近のダム釣行では私の定番となっているマッシュもいい具合になっている。赤ベらを入れて締めた餌で第1投目、うむ、17分で第1投は上出来上出来。もう釣れたも同然、良かったここに来て。もう一度、神様ありがとう。感謝します。  
 モジリは間もなくウキのそばへ寄ってきて、肉眼で水面下の群れが見える様になった。「でけー!」いっぺんで口の中が乾いた。心臓は早鐘を打っている。あいつが食えば間違いなく記録更新だ。あ〜来る、ウキのそばに来る。 そら来た、うむ、通り過ぎたか。でも次のあいつも同じくらいあるじゃないの。さー来い。 ほれ、あれ〜、でもまだまだ群れは続いて来てるし・・・・・。
 もうそろそろいいんじゃない、ドスンと。こう、ズバッと。ねえねえ、ツンと、ムズッと。 お〜い、遠慮なんかすんな。 派手にドバーと。お〜い、聞いてるか。何とか言ってよ。頼むからサア。 何で無視すんの。避けんじゃねーよ、食ってけよ・・・・・って、もう群いないじゃん。何なの、あいつら完全無視しやがって。そんな所まで行ってギラッってヒラ打つんじゃないよ。ばかやろう、頭きた、疲れた、がっかり、立ち直れない、もう帰りたい。12時だし。頑張ったのに。あーどうしよう、ここまで来て帰るにはおしいし、そうだ、夕まずめにもう1回チャンスがあるかもしれない。状況が変るかもしれない。そうだ、きっと夕方ならいいかも。夜釣り用の電気ウキも用意しているし。待とう、昼寝でもして。いるのだから超大型が。
 一枚来ればお釣がくるほど嬉しいじゃないか。よし、そうしよう。 夕方からの再チャレンジだ。                            (つづく 後編作成中)
                                  (2008年4月 熟年釣師  T.M)

100円ショップは釣り用小物の宝庫
 (この稿は2004年の九州ヘラブナ釣連合会会報より転載しました。写真は今回ホームページ用に撮影したものです)

近頃はやりの100円ショップが面白い。これが100円!?と思うようなものが100円(税込み105円)で売られている。ひまを見つけては月に2回ほど通っているが、特にヘラ釣り人の目で見てみると、思いもかけないようなものが手に入る。私が買った小物の一部を紹介すると、

■計量カップ(台所用品売り場)写真1
ステンレス製、最大180ccまで計量出来るもので、5090100180ccの各目盛りつき。
■餌練りボウル(同上)写真2 
本体は琺瑯製で、ビニル製の蓋つき。 大、中、小が入れ子になっていて、グルテン餌からマッシュまで使える。
■プラスチックボトル(プラスチック用品売り場)写真3 
大は2,000cc、中は1,000、小は500ccとあり、ねじ込み式蓋つきで防水効果があるので、餌入れとして重宝。
■小物入れ袋
いろいろな種類があり、用途別に分けておくとヘラバックの中が整理できる。
■竿掛け(台所用品売り場)⇒写真4
木製。もともとは皿を並べて立てておくものとして売られているが、これを1個ずつにばらして、70a程度の間隔で壁に取り付けると、6本の竿が保管できる置き台として使える。但し、壁に取り付けるとき、下部に厚さ15oくらいの木片を挟み込んで、壁に対して斜めに取り付けることが必要。
■その他 

ボート固定用ロープ、ロープ引っ掛け用フック、アルミ(ステンレス)パイプ、水汲みバケツ、釣り用鉛オモリなど。この中には、そのままで使えるものや、少し自分で加工して使うものまでいろいろあり、どのように使おうか、どのように加工しようかと考えるのも楽しみのひとつである。

                                    (2008年4月 K.M)